きもの せいた の 2015ゆかた・・・
 
今回は、定番の白×紺から、青、水色とブルー系濃淡のゆかた3点をご紹介。
 

dsc060691

【紺】綿絽の濃紺の地に白の繊細な線で花火を表現した、シンプルながら大胆な意匠のゆかた。合わせた帯は花唐草の地紋に藤色のラインが上品な半幅帯。同系色の三部ひもにガラスの帯留をさりげなくつけて涼やかさをプラス。小物はきものの紺を引き立たせるナチュラルブラウンのバッグと下駄を。

綿絽ゆかた     34.000円
ポリエステル半幅帯  9.600円
ガラス作家一條朋子さん作帯留”Cube” 3.000円
三分紐        4.000円
下駄        16.800円
アタバッグ     18.000円  (すべて税別)

dsc06067

【青のうつろい】 綿絽の地一面に花が咲いたような華やかな模様。花芯の濃紺から花びらの先にゆくにつれて鮮やかな青に色が変わってゆく「青」がひときわ美しいゆかた。合わせた帯は無地の麻帯。表裏の白と藍色が透け合って奥行きのある色合いに。胸元にはガラスのしずくの根付。しずくの中の炭酸水のような気泡が青の爽やかさに一層の清涼感。小物は麻の日傘で、見た目にも涼しげ。

綿絽ゆかた     35.000円
麻半幅帯      13.000円
ガラス作家一條朋子さん作根付”しずく” 10.000円
麻日傘(柳につばめ)16.000円  (すべて税別)

dsc06072

【水色】綿絽の白地に古典的な柄行を淡い明るい水色で染めた軽やかなゆかた。合わせた木綿帯はこちらも古典的な柄で七宝柄。半幅の地は上から下へ紫から青へのぼかし染めで、そこにシルバーの七宝柄が配され、さりげない中に色の遊びがあり楽しい帯。きものの軽やかさに合わせ、鞄も小ぶりで持ち手も軽快な小千谷縮の鞄を。小千谷の鞄は贅沢に着尺から作られ、その素材の特性そのまま、驚くほど軽いので浴衣だけには限らず普段使いにもおすすめ。

綿絽ゆかた     30.000円
木綿半幅帯     16.000円
下駄        16.800円
小千谷縮バッグ    9.000円  (すべて税別)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

爽やかなブルー系ゆかたはその濃淡で印象も変わりますが、どれも清潔感のある上品な雰囲気。みなさまは今年はどんな浴衣の気分でしょうか? 次回は色味の楽しいゆかたを紹介する予定です。お楽しみに。

※紹介した商品はいずれもほぼ1点ものの為、ご来店時またはお問合わせ頂いた時点でも売り切れている可能性があります。万一売切れの場合、再取り寄せが出来る場合もありますので、サイトで紹介した商品をご希望の際は、ご来店前にあらかじめお問い合わせください。 店頭でのゆかた選びも是非お早目のご来店をおすすめいたします。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です