SEITA PLUSでは、地元の作家さんの商品を多数扱っております。

今回は、鎌倉市腰越在住のOfuna Glass 川口剛さんをご紹介いたします。

Ofuna Glassの川口剛さんは、ガラスペンの作家さんです。

2004年にグラススタジオ「Ofuna Glass」を設立。

東京ガラス工芸研究所を卒業し、「彩グラススタジオ」の講師も務めています。

2007年、2010年にはグラスクラフトトリエンナーレにて審査員賞受賞。

透明なガラスに美しい色が映え、個性的な作風が魅力です。

ガラスという硬質なイメージとは異なり、流れるような書き心地です。

万年筆などと違い、水で洗うだけですぐに色を変えられるので、カラフルなインクを使うことができます。

 

ガラスペンの形は3種類。

・丸

・四角

・ねじり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作りの商品ですので、一本一本、形も色合いも微妙に異なります。

特にペン先は書き心地を左右する重要なポイントです。

SEITA PLUSでは全ての商品お試し書きができますので、お気軽にスタッフにお声がけください!

お気に入りの書き心地とガラスペンならではの美しい色合いを見つけにいらしてください。

ガラスペンと合わせて、ペン枕もご用意しております。

ペン枕の種類は、2種類。

・ねじりタイプ

・花の形

また、ガラスペンといえばインクですね。

SEITA PLUSでは日本の美しい情景から創造されたインク『iroshizuku-色彩雫』も3色ご用意しております。

ガラスペンを贈り物にされる方は、

  • ガラスペン
  • ペン枕
  • インク

こちらを3点合わせてセットにされると大変喜ばれます。

 

 

鎌倉での旅先の思い出をガラスペンで手紙に書き留める、、なんて素敵ですよね。

見ているだけでもうっとりしてしまう、美しいガラスペンたちです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA