TOP > INFORMATIONINFORMATION-2

Informationinformation-2

きもの せいた

2019.06.24

【きもの せいた】イベント 季節のしつらい 鎌倉教室:第二十二回

季節のしつらい 鎌倉教室/きものせいた 第二十二回

日本のお盆のしたく 蓮の葉飾り×まこもの迎え馬づくり

 

日本各地のお盆のならわしにはさまざまなカタチがあります。

本来はすべて手作りをし、その家ならではのあたたかみがありました。

きものせいたでは、季節を迎える喜びや、ぬくもりの感覚を思い出し、 楽しんでいただくための企画を開催しています。

第22回目となる今回は、お盆のしたくです。 精霊をお迎えし、お見送りをするための青葉のまこもの迎え馬をつくります。

蓮の葉の上には、お供え物や盆花を。

日本の行事・歳時記研究家の広田千悦子先生からお盆の話を聞いて、 つくりものをつくった後は、季節の茶菓子で一服。

祖霊をお迎えしおもてなしして、お見送りする、日本のお盆のしたく。

ぜひご一緒しましょう。

 

日時

2019年 8月7日(水) 15:30〜17:30

会場

きもの せいた 2階

 

<参加費> 

5400円(税込)

材料費・季節のおつまみ代込

<講師>

日本の文化・歳時記研究家 広田千悦子

<定員>

12名(定員になり次第締め切り)

<持ち物>

・はさみ

・エプロン

お持ちでしたらご持参ください。

<お申し込み方法>

・1週間前までにお申し込みください。

・直前のキャンセルに関しましては、キャンセル料を頂戴する場合がございますのでご了承ください。

【店頭受付】店頭スタッフにお申し付けください。

【電話受付】0467-22-9230 ※電話受付時間9:30〜18:30

2019.05.02

【きもの せいた】イベント 季節のしつらい 鎌倉教室:第二十一回

2019.04.07

【きもの せいた】メディア出演

 

2019/4/6 (sat)

テレビ東京の『出没!アド街ック天国』にて、

鎌倉に10年近く住んでいるという女優 田中美佐子さんがきもの せいたの紹介をして下さいました!

 

きもの せいただけでなく、姉妹店の鎌倉八座にも足をお運び頂いています。

いつもご愛顧頂き誠にありがとうございます!

 


きもの せいた (facebook)

きもの せいた (Instagram)

鎌倉市小町1-7-2
0467-22-9230

2019.04.04

【きもの せいた】初夏・盛夏 2019

初夏・盛夏 2019

 

 

織屋さん 紹介

桐生織OLN(おるん)(井漬織物)

桐生織。群馬県東部「桐生」の織物の歴史は古く奈良時代にまで遡ることが出来る。

関ヶ原の戦いで徳川家康が桐生の白絹を幟に使用したことで国内広く知れ渡るようになったといわれ、江戸時代以降桐生の絹織物は、京都の西陣と並び称され日本の基幹産業にまで発展した歴史がある。

今回紹介するOLN(おるん)さんは、70年近くも続く機屋で桐生織りの伝統を受け継ぎながらも、ともすると崇高で非日常なものに見なされがちな、「伝統の技」をもっと生活に寄り添う身近なものとして、「みんなの暮らしの役に立てたい」、「織物が暮らしの彩りであってほしい」、との思いで、作品作りをしていらっしゃいます。

色柄がモダンで、颯爽とした印象のOLNの帯から、作者の思いが伝わってきます。

ぜひこの機会にOLN帯をご覧ください。

 

ドットの繊細な織り柄の地に絞りで染めつけ、夏の光に映えそう。

桐生織:歴史ある桐生織りでも、現在機屋さんは数えるほどに少なくなってきていますが、織りに絞り染めまで一貫して独自の作品作りをするような機屋さんもでてきて、OLNさん以外にも新たな桐生織の世界が広がっています。

 

 

夏帯 特集

<単衣>

夏の暑さが一層厳しく、また長くもなってきているため、時期的な帯選びが悩ましくなってきています。昨今前倒しで5月頃から始まるようになり、長くなった単衣の時期。

その時期も半ばになって夏の気配が濃くなりだしたら、帯は季節先取りで夏九寸帯などの透け感抑え目の「夏帯」を合わせ始めましょう。

もちろん「夏帯」なので、単衣が過ぎたらそのまま夏きもの に合わせて。

抑え目の透け感。

<夏きもの >

暑さも本番、夏きものの時期になったら、帯も麻などの夏素材で、芯の入らない八寸帯などが暑さ対策にはおすすめ。涼やかな図柄を取り入れたり、見た目の涼感にもこだわると暑さもまた楽し。

 

夏きもの  麻縮/綿麻/夏繊維/木綿しじら

<小千谷縮 >

独特のハリを透け感で涼感あふれる着姿は、夏きものの中でも特段に美しい。

<近江縮>

しなやかさが特徴。さらに経糸に近江縮、緯糸に触感冷感の木綿糸をつかった夏に嬉しい着心地のアイスコットンシリーズも人気です。

<夏繊維>

さらり、ひんやりの質感で人気のセオアルファ。単衣と盛夏の時期を快適に過ごせます。

今年は唐草柄やぼかし柄など。

<木綿しじら>

遠州のしじら織。

素朴な伝統柄の染めが施されたものや、シンプルな縞柄。

 

襦袢  夏の「洗える」襦袢

夏の襦袢地は吸水速乾で着心地が良く、洗える素材がやはりおすすめ。

そんな素材も、いろいろと工夫を凝らして開発され種類が増えてきています。

それぞれの特徴的な点は。。。

・アイスコットンと麻 <無地>

無地なので普段使いとして、暑さを感じる時期の4〜10月位と長く着用可。

・竹とポリ <絽>

麻の普段着から絽の着物まで。絽目が入るので夏きものに。

・麻とポリ <紋紗>

夏の普段着に。ストレッチが効いて動きやすい。

・麻 <紋紗>

自然素材志向。紋紗なので薄手でしなやか。

 

<あしべ織の肌襦袢>

吸水性の高い天然繊維がおなか周りについていて汗を吸水してくれるので、着物や帯を守ってくれます。夏だけに限らず、冬の暖房汗にも安心。

 

<せいたオリジナル「洗える 簡単 長襦袢」>

気楽な襦袢としては、ワンピース型の筒袖長襦袢。

袖はマジックテープで着脱可能。

上身頃・レース袖:綿
裾・衿:キュプラ
※塩瀬の衿がついています。夏には夏衿をつけて。
【別売】
変え袖:ポリエステル/麻
マジックテープで着脱できます。

 

羽織・コート

・綿ボイルの羽織コート(綿)

無地でモダン。ショールカラーに身八つのあきがない船底袖の羽織風コート。

・レースの羽織(各種 ポリエステル)

今時よりすぐにお召しいただける仕立上りのレースの羽織。

・うすものの道行(レーヨン、シルク、ナイロン)

敬遠しがちな薄い色味も、ドライクリーニング可であれば気兼ねなく。涼しげに軽やかに。

 

 

2019  きもの  せいたの浴衣情報

今年もゴールデンウィークの頃より、浴衣の反物・仕立上りのもの、ともに入荷予定です。

浴衣の前に単衣としてもお召しいただけるような柄行のものなどは、毎年早くより人気となります。

是非お早目に見にいらしてください。

 

 

2019  Calen Blosso

期間限定 特別企画

毎年好評のオーダー会を今年も開催。

<菱屋の鼻緒でお誂え>

カタログにも載っていない菱屋の色柄鼻緒がいろいろ揃います。

合わせやすい小紋柄からフォーマルラインの鼻緒まで。

お好きな柄を選び、それに合う台を選んで、自分だけのお草履を。

新たに軽量化された台やLLサイズの台も加わります。もちろん鼻緒のすげ加減指定も可能です。

 

 

<バッグ>

シンプルなデザインの革のバッグもカレンブロッソの人気者。

カフェぞうりと同じ革を使っているので、豊富なカラーバリエーションのなかより好きな色でバッグと草履のセットオーダーもオススメです。

※お誂上りまで2〜3ヶ月予定。

 

 

日程:平成31年4月13日(土)〜21日(日)

時間:9:30〜18:30(最終日は早めに終了予定)

2019.03.12

【きもの せいた】イベント 季節のしつらい 鎌倉教室:第二十回 <特別企画>

 

 

2019.01.21

【きもの せいた】 イベント 季節のしつらい2019 年間計画のお知らせ

 

 

毎回多くのお客様にご好評いただいております、広田千悦子さんのイベント。

2019年も、より多くの皆様に愉しんでいただけるよう、年間のスケジュールを立てました。

鎌倉の四季を愉しみがてら、ぜひご参加ください。

 

 

季節のしつらい 2019   鎌倉教室/きものせいた

 

四季折々の季節のうつろいを愛でつつ、

行事やこよみの源流を学びます。

季節の祈りのかたちを作り、

暮らしの中に取り入れていきます。

 

講師 日本の文化・歳時記研究家 広田千悦子

 

 

〈2019年 日程〉

※内容は材料により変更がある場合がございます。

■4月5日(金)        春の花ごと 桜にちなむもの

■6月27日(木)      夏越し 茅の輪づくり

■8月7日(水)        お盆のしつらい

■10月1日(火)       菊の瓶子(へいじ)仕立て

■12月13日(金)     お正月飾り(1回目)

■12月17日(火)     お正月飾り(2回目)

※1回目と2回目で内容は同じです。

 

〈場所〉

きものせいた 2階

〈時間〉

15時半〜17時半

・内容により前後することもあります。

〈参加費〉

各回5400円(税込)

・内容により多少変動いたします。

〈定員〉

各回12名

〈持ち物〉

はさみ、エプロンをお持ちでしたらご持参ください。

その他、各回持ち物がございましたら、お知らせいたします。

〈お申し込み方法〉

・定員になり次第締め切らせていただきます。

・各回、1週間前までにお申し込みください。

・通しでのお申し込みも可能です。

・直前のキャンセルに関しましては、キャンセル料を頂戴する場合がございますのでご了承ください。

【店頭受付】

きものせいたの店頭スタッフにお申し付けください。

【電話受付】

0467 22 9230

※電話受付時間 9:30 〜18:30

 

2019.01.02

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

 

2019年の新春を迎え、

皆様におかれましては健やかに新年を迎えられたことと、心からお喜び申し上げます。

今年私たち株式会社せいたは、創業92年目を迎えます。

 

 

これからも皆様に愛される店を目指し、スタッフ一同心を新たに一層努めてまいります。

昨年に引き続き、今年も変わらぬご愛顧のほど賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

2018.12.05

年末年始の営業時間のお知らせ

平素よりせいた各店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
年末年始(12/30~1/4)の営業時間についてご案内申し上げます。
皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

年末年始 営業時間

■12/30(日)      9:30〜18:30 通常営業
■12/31(月)      9:30〜18:30 通常営業、(ポプリ店のみお休み※1)
■1/1 (火・祝)   お休み
■1/2(水)         11:00〜17:00(鎌倉八座のみ営業 ※2)
■1/3(木)          10:00〜18:00
■1/4(金)          9:30〜18:30 通常営業

 

※1:12/31(月)はポプリ店のみお休みさせていただきます。ご了承ください。

※2:1/2(水)は鎌倉八座のみ営業いたします。

きもの せいた、ポプリ、SEITA PLUSはお休みさせていただきます。ご注意ください。

 

 

《せいた 各店舗 ご案内》


きもの せいた (facebook)

鎌倉市小町1-7-2
0467-22-9230


SEITA PLUS (facebook)

鎌倉市小町2-11-17
0467-23-1011


鎌倉八座 (facebook)

鎌倉八座 (公式HP)

鎌倉市小町1-7-3
0467-84-7766


ポプリ

鎌倉市小町1-6-15 アイザ鎌倉1F
0467-23-1055

2018.08.24

【きもの せいた】貴久樹展

貴久樹展

 

貴久樹 美しいアジアの手仕事

 

インドネシアの染め、インドの刺繍、タイの織物など、アジア各地に伝わる手仕事の布にはどこか清楚で愛らしい雰囲気があります。

幾行程にもなるような作業を丁寧に積み重ねる作り手の人たちの“作ること”に対する真摯な姿勢がその布から感じとられるからなのかもしれません。

貴久樹はそんなアジア各地に残る美しい刺繍や染め、織りのものを、独自のセンスでベーシックながら存在感と上質さをも兼ね備えたアイテムに仕上げ紹介してくれる唯一無二の存在です。

表情豊かな無地の帯、野蚕(やさん)のなかでも光沢・風合に優れた選りすぐりのナチュラルタッサーシルク、木の塊に文字を刻んで作る木版を時には50以上も作り、色を重ねながら染める木版更紗の帯や小紋などなど、、、

アジア各地を旅して歩いているように様々な手仕事に触れることのできる機会です。

 

アジアの手仕事がこんなに和の着物の世界と調和し、さらに美しく楽しく引き立てあうのは貴久樹ならではの存在感のあるシンプルさだからこそ。

ぜひこの機会に素敵な貴久樹の帯、着尺を堪能しにお立ち寄りください。

 

   

・インド、インドネシアの野蚕糸 ナチュラルタッサー着尺

・手摺り木版更紗 更紗袋帯、更紗小紋

・刺繍名古屋帯

・野蚕糸 「カティヤ」

・貴久樹「大人の小紋」

・花織のルーツ紋様織り 紋様織タッサー地訪問着

その他いろいろ、、、

 

 

日程:平成30年9月15日(土)〜18日(火) 4日間

※プレ期間‥‥上記4日間に先立ち一部商品は9月7日(金)より店頭にてご紹介いたします。

時間:9:30〜18:30

2018.08.24

【きもの せいた】久留米絣 特集

久留米絣 特集

 

 

「絣」は日本を代表する伝統的な木綿織物でありながら、今では木綿絣は希少なものになってきてしまいました。

久留米絣はそんな木綿絣の伝統を守り続けています。
その特徴はくくり染めをした経(たて)糸と緯(よこ)糸をあわせた複雑ながらの素晴らしさと、着るたびに肌になじむ風合いの良さにあります。

今回ご紹介する坂田織物は、絣の素晴らしさを広く知ってもらうために伝統を守りつつオリジナルにも溢れた新柄着尺をデザインしたり、さらにパンツや帽子などの気軽なアイテムづくりも行っているユニークな工房です。
秋冬にむけ、好きな絣柄を見つけて愛着の一枚をお仕立てしてみませんか。

 

日程:平成30年9月1日(土)〜10日(月)

時間:9:30〜18:30